カブリエルノカブログ

カブリエルノカブログ

弱小投資家の日々の投資を中心についてまとめていきます。その他なにか書きたいことがあったら記事にしていきます。

2021年7月28日結果 日本株軟調

f:id:kaburieru:20210728082059j:plain


 カブリエルです。コロナワクチンを接種しました。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210727 終値 前日比 %
ダウ平均 35,058.52 -85.79 -0.24
S&P500 4,401.46 -20.77 -0.47
ナスダック総合 14,660.60 -180.10 -1.21

3指数とも下落。中国政府がインターネット企業への規制を強化し、香港株と上海株が暴落したことが相場の雰囲気を悪化させているが3指数とも高値圏。アップル、マイクロソフト、グーグルが決算を発表し、市場予想を上回る増収ではあったがそれによって株価がどうなるか。FOMCの発表待ちのようなところもある。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210728 終値 前日比 %
日経平均 27,581.66 -388.56 -1.39
TOPIX 1,919.65 -18.39 -0.95
マザーズ 1,097.30 -39.62 -3.48

3指数とも下落。日経平均は寄り付きから下落し、後場に下げ幅を拡大したが引けに少し戻す。マザーズは一時4%に迫る下げ。業種別ではほとんどの業種で下落。水産・農林、繊維製品、パルプ・紙、石油・石炭製品、鉄鋼のみ上昇。金属製品、サービスが2%を超える下落。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引任天堂(7974)、マネックス(8698)で取り引きをした。実現損益は+10,200円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-45,520円。ほとんどの銘柄が下落。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、特になし。決算を少しチェックしてみたいと思う。

反省

  日本株が上昇すると信用しすぎているところがあり、買い目線でしか見られなかったことが悪かった。今日売ることができていればもう少し利益を上げることができたはず。含み損は見事拡大し、112万円となってしまった。ここまでくると挽回するのがなかなか難しいところ。FOMCの発表で延命できるか。侍ジャパンのようなサヨナラ勝ちに期待したい。また明日。

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年7月27日結果 日経平均株価続伸

f:id:kaburieru:20210727081011j:plain


 カブリエルです。女子バスケ好調です。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210726 終値 前日比 %
ダウ平均 35,144.31 +82.76 +0.24
S&P500 4,422.23 +10.43 +0.24
ナスダック総合 14,840.70 +3.70 +0.02

3指数とも上昇。ダウ平均、S&P500、ナスダック総合そろって5日続伸し、過去最高値を更新し高値で引けた。中国がネット企業の規制を発表し関連銘柄が下落。ビットコインが1か月半ぶりに一時4万ドルを回復。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210727 終値 前日比 %
日経平均 27,970.22 +136.93 +0.49
TOPIX 1,938.04 +12.42 +0.64
マザーズ 1,136.92 -5.12 -0.45

日経平均TOPIXは上昇。マザーズは下落。日経平均は寄り付きから上昇し28,000円を超える場面もあったが、終値でこえることはできず。マザーズ軟調。業種別では、医薬品、精密機器、海運が下落でそれ以外は上昇。空運が3.29%、非鉄金属が2.09%の上昇。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引はプレミアアンチエイジング(4934)で取り引きをした。実現損益は+13,000円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、+50,120円。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、昨日取り上げたインソース(6200)と信越ポリマー(7970)。どちらも決算はよかったが、株価は明暗を分けた。インソースは前回の決算後に株価が急上昇していたが、今回は急落し-404(-16.16%)の2096円で引けた。PERは50を超えておりまだ割高感は否めず買うにはまだ早いか。

kabutan.jp

信越ポリマーは、寄り付きで下げたがそこから若干持ち直し-8(-0.74%)の1066円となった。プラスに転じる場面もあったので、決算はあまり影響がなかった模様。こちらも買うタイミングが難しいが、買い時ではないとみている。

kabutan.jp

反省

  日経平均株価は続伸と好調だ。オリンピックで連日メダルを獲得している効果だろうか?買い目線であれば非常にありがたいことである。なんとか終値で28,000円を超えるような展開が続いてほしいところではあるが、難しいか。含み損は88万円に縮小。この調子で減らしていきたいところだ。また明日。

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年7月26日結果 日経平均株価は寄り天

f:id:kaburieru:20210724092321j:plain


 カブリエルです。オリンピックがおもしろすぎます。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

22日

20210722 終値 前日比 %
ダウ平均 34,823.35 +25.35 +0.07
S&P500 4,367.48 +8.79 +0.20
ナスダック総合 14,684.60 +52.60 +0.36

 

23日

20210723 終値 前日比 %
ダウ平均 35,061.55 +238.20 +0.68
S&P500 4,411.80 +44.32 +1.01
ナスダック総合 14,837.00 +152.40 +1.04

3指数とも上昇。22日は小幅上昇という形だった。23日は主要3指数すべてが過去最高値を更新と強い展開だった。この背景には企業の好決算があるようだ。主要3指数は高値圏だが、決算が良ければ更なる上昇も見込めるか。

 

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210726 終値 前日比 %
日経平均 27,833.29 +285.29 +1.04
TOPIX 1,925.62 +21.21 +1.11
マザーズ 1,142.04 +4.05 +0.36

3指数とも上昇。しかし、日経平均TOPIXはほぼ寄り天のような形。少しずつだが、だらだらと下げていった。業種別では、電気・ガス、情報・通信以外はプラス。鉄鋼、繊維製品は3%以上の上昇。機械、卸売、精密機器、鉱業、非鉄金属、海運が2%以上の上昇。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引はペイロール(4489)、ミズホメディー(4595)、レーザーテック(6920)、東京エレクトロン(8035)で取り引きをした。実現損益は+19,777円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、+51,530円。ほぼすべての銘柄が上昇。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、インソース(6200)、信越ポリマー(7970)。今日決算を発表する予定なのでチェックしたい。

反省

  米国株の株高をうけ、日本株も大幅に上昇し日経平均は28,000円に戻す場面もあったが、強い展開を持続できず。今日の東京エレクトロンの取り引きは7月末で超割コースの大口優遇の適用から外れてしまうため、大口優遇の継続条件である信用新規建約定金額合計の3000万円を達成するために複数回取り引きしたものだ。運よくすべて微益となり、無事継続条件を達成した。信用取引をするならば絶対に達成しておいたほうがいい。これで10月まで信用取引の手数料はかからないし、現物保有したい銘柄も現引きすれば手数料がかからない。含み損は100万円と劇的に改善することはなかった。決算に期待するしかない。また明日。

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年7月21日結果 日経平均株価は反発するも…

f:id:kaburieru:20210721080531j:plain


 カブリエルです。オリンピックのソフトボールが一足先に試合があり勝利しました。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210720 終値 前日比 %
ダウ平均 34,511.99 +549.95 +1.62
S&P500 4,323.21 +64.58 +1.52
ナスダック総合 14,498.90 +223.90 +1.57

3指数とも上昇。前日は今年最大の下げ幅となったのだが、それを取り戻すかのような反発となった。長期金利は1.20%台となり、金融株や景気敏感株など幅広い銘柄が買われた。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210721 終値 前日比 %
日経平均 27,548.00 +159.84 +0.58
TOPIX 1,904.41 +15.52 +0.82
マザーズ 1,137.99 +9.29 +0.82

3指数とも上昇。寄り付きから上昇し、10:00前に今日の天井をつけそこから下げた。上昇したのだがあまりいい印象はなく、むしろ下げたのでは?と錯覚するような感じ。業種別では全業種プラスの時間帯があったが、鉱業、医薬品、電気ガスが下落。他は2%以下の上昇。

今日の取り引きは?

  現物取引は。信用取引はレーザーテック(6920)で取り引きをした。実現損益は+2,000円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、+10,450円。これだけ?という感じ。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、オンデック(7360)。この企業は、中小企業を中心にM&A仲介やアドバイザリー業務を手掛けている。今日は-80(-3.10%)の2,501円と年安となってしまった。7月15日に決算を発表しているが、1.5億円の赤字になってしまったことで株価が下落している。6月9日には一時謎のストップ高となっている。ここから株価がどう動くのか注目したい。

kabutan.jp

反省

  米国株の反発をうけて日本株も上昇したところはよかったが、結局強い上昇を維持することはできなかった。日経平均は高値から300円以上下落してしまいなんだかな~という感じ。今週は明日・明後日が休みのため今日で終了。ほとんど成果を得られぬまま終わってしまった。来週はオリンピックが開幕したことで日本株が上向きに変化することを期待したいが過度な期待は禁物。来週から決算発表が増えてくるので、チェックしていきたい。含み損は108万円となった。また来週。

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年7月20日結果 日経平均株価5日続落

f:id:kaburieru:20210720073732j:plain


 カブリエルです。暴落の初動?

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210719 終値 前日比 %
ダウ平均 33,962.04 -725.81 -2.09
S&P500 4,258.63 -68.53 -1.58
ナスダック総合 14,275.00 -152.20 -1.05

3指数とも下落。ダウ平均が2%以上下落したのは今年の1月以来で、新型コロナのデルタ株の感染拡大への警戒感から全面安となった。長期金利も一時1.17%まで下落。原油も下落した。投資家心理を測る変動性指数(VIX)は22.50まで上昇。リスク回避の展開へ。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210720 終値 前日比 %
日経平均 27,388.16 -264.58 -0.96
TOPIX 1,888.89 -18.24 -0.96
マザーズ 1,128.70 -8.29 -0.73

3指数とも下落。寄り付きから下落し、上がったり下がったりを繰り返した。マザーズはプラスになる場面があった。業種別では、食料品、医薬品、精密機械、電気・ガスのみプラス。それ以外はマイナス。鉱業が4%以上の下落。非鉄金属、空運、不動産が2%以上の下落。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引はプレミアアンチエイジング(4934)で取り引きをした。実現損益は+1,000円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-40,790円。ほとんどの銘柄で下落。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、特になし。

反省

  米国株が大幅に下落したため、日本株も下落した。下落しながらもマザーズはプラスに転じる場面があるなど、よくわからない相場である。さすがに下げ過ぎているような気もするので押し目買いなどもあるのだと思う。ちょうど一週間前に日経平均株価は28,700円を超えていた。そこからずっと下落している。含み損は115万超え。これは新記録かもしれない。さすがにこの辺で一度リバウンドしそうだがどうなるか。また明日。

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年7月19日結果 日本株弱弱~

 

f:id:kaburieru:20210719081447j:plain


 カブリエルです。今週は3日しかありません。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210716 終値 前日比 %
ダウ平均 34,687.85 -299.17 -0.86
S&P500 4,327.16 -32.87 -0.75
ナスダック総合 14,427.20 -115.90 -0.80

3指数とも下落。寄り付き後にダウ平均は最高値を上回ったが、デルタ型といわれている感染力の強い新型コロナの感染が広がっており、警戒感から売られた模様。高値圏であるため利益確定売りもでた。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210719 終値 前日比 %
日経平均 27,652.74 -350.34 -1.25
TOPIX 1,907.13 -25.06 -1.30
マザーズ 1,136.99 -21.71 -1.87

3指数とも下落。寄り付きからだらだらと前場は下げた。後場開始で少し回復したが、その後だらだらと上がったり下がったりの繰り返しで値幅はあまりなかった。業種別ではすべての業種が下落していたが、かろうじて医薬品のみ上昇。鉄鋼、非鉄金属、電気機器、空運が2%以上の下落。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引はプレミアアンチエイジング(4934)で取り引きをした。実現損益は10,000円。後場デイトレードの買いで利益となった。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-96,270円。ほぼすべて下落。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、特になし。デイトレードしたプレミアアンチエイジング終値で-1,000円を超えるほど下げ幅が大きかった。明日はリバウンドしそうな気がするが、どうなるか。

反省

  金曜日の米国株が1%弱下落したため、今日の日本株が弱くなることはある程度予想していた。空売りしようかどうか考えたが、うまくいく自信がなかったためやらなかった。最近株価が下落していたレノバを狙っていたのだが、逆に上昇していたのでやらなくてよかった。海運も同様。含み損は終値で100万円を超えてしまった。また明日。

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年7月16日結果 日経平均3日続落

f:id:kaburieru:20210716082305j:plain


 カブリエルです。今週もお疲れ様でした。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210715 終値 前日比 %
ダウ平均 34,987.02 +53.79 +0.15
S&P500 4,360.03 -14.35 -0.33
ナスダック総合 14,543.10 -101.90 -0.70

ダウ平均は上昇。S&P500とナスダック総合は下落。ハイテク株が利益確定のために売られた。決算待ちのような状態。木材価格が5月の高値から7割ほど下落。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210716 終値 前日比 %
日経平均 28,003.08 -276.01 -0.98
TOPIX 1,932.19 -7.42 -0.38
マザーズ 1,158.70 -2.00 -0.17

3指数とも下落。TOPIXマザーズはプラスになる時間帯もあった。日経平均は寄り付きから大幅に下落したが、そこから次第に回復し引けにかけて少し売られギリギリ28,000円をキープした様子。業種別では下落した業種が多かった。海運が2.94%の上昇。医薬品が1.87%の下落。エーザイが10%以上下落した影響が大きかった模様。

今日の取り引きは?

  現物取引はセレス(3696)を売却。信用取引はプレミアアンチエイジング(4934)で取り引きをした。実現損益は+28,400円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-331,460円。現物株を売却した影響で大幅減。これを除けば少しだけマイナス。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、特になし。バリュエンスホールディングス(9270)は、朝の気配値がストップ高の水準だったが、一時的なものだったらしく寄り付きで高値3115円をつけて終値2,958円と前日終値から下げてしまった。

反省

  今週ようやく日本株に回復の兆しが見えたのだが、水、木、金と下げてしまった。今日はファーストリテイリング(9983)の決算が悪かったのもあり、寄り付きから他の銘柄も大きく下げていたがそこから回復したものが多かったように感じた。ファーストリテイリング日経平均寄与度が高く相場全体に与える影響が大きい。逆にそれを利用できるようになれば利益を出せると思うが、そこまでトレードが上達できるかどうか。含み損も100万円に達したが、そこから少し回復し89万円に。また来週

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。