カブリエルノカブログ

カブリエルノカブログ

弱小投資家の日々の投資を中心についてまとめていきます。その他なにか書きたいことがあったら記事にしていきます。

2021年5月17日結果 含み損が再び50万円に拡大 日経平均、TOPIX、マザーズ下落

f:id:kaburieru:20210517084402j:plain

カブリエルです。

   

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210514 終値 前日比 %
ダウ平均 34,382.13 +360.68 +1.06
S&P500 4,173.82 +61.32 +1.49
ナスダック総合 13,429.98 +304.99 +2.32

 3指数とも続伸。長期金利が低下し、投資家心理が改善したことでハイテク株に買いが入りナスダック総合は2.32%の上昇となった。米疾病対策センター新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人は原則、屋内・屋外ともにマスクをしなくてもいいという指針を発表し、経済活動の活発化を期待され景気敏感株の上昇も目立った。イーロンマスクのビットコイン売却を示唆したツイートで仮想通貨が暴落。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210517 終値 前日比 %
日経平均 27,824.83 -259.64 -0.92
TOPIX 1,878.86 -4.56 -0.24
マザーズ 1,042.82 -41.89 -3.86

寄り付きで日経平均は200円ほど上げたが、それが寄り天となりそこからどんどん下げ前場は-330円となった。後場により一層下げる展開となり、特にマザーズが4%を超えて下げる場面もあった。13時過ぎぐらいから下げ幅が縮小した。業種別ではその他製品、空運、不動産が1%以上の上昇、非鉄金属が3.54%の下落となった。

今日の取り引きは?

  現物取引は。信用取引はオープンハウス(3288)、ケイアイスター不動産(3465)、シチズン時計(7762)、東京エレクトロン(9107)、川崎汽船(9107)で取り引きをした。実現損益は+51,311円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-124,810円。下がった銘柄が多く、CHATWORK、コニカミノルタ(4902)の下げがきつかった。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、CHATWORK(4448)。この銘柄は持ち株でもあるが、先週末の決算をうけ-230(-20.07%)の916円と大幅に下落してしまった。21年12月期第1四半期(1-3月)の経常損益(非連結)は800万円の赤字(前年同期は8600万円の黒字)に転落したということだ。決算資料を見た限りでは、投資先行でこの赤字は一過性のものであり今後はしっかりと利益をだせそうな印象をうけたため売却せずにホールド予定。マザーズの地合いも悪すぎるため売られ過ぎているような気もする。

kabutan.jp

反省

  含み損は拡大してしまったが、今日もデイトレードで利益を出すことができた。日経平均TOPIXマザーズの3指数とも弱く、今後大きく勝負にでるのは控えたほうがよい。仮想通貨の暴落もあり市場への影響が少なからずあったように思う。明日は用事があるためデイトレードは極力控える予定。ブログの更新も遅い時間になりそう。また明日。

 

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

Twitterの個人投資家に聞いた驚きのアンケート結果

f:id:kaburieru:20210512165847j:plain カブリエルです。カブリエル発信で5月9日~10日にかけてTwitterでアンケートに回答していただきました。まずは、多くの方に回答いただきましたことに感謝申し上げたいと思います。ご協力ありがとうございました。このアンケートはあることがきっかけで発信してみました。そのきっかけやアンケートの結果、その結果についての考察をこちらの記事にしています。ぜひ最後まで読んでみてください。

アンケートについて

 Twitterでこんなアンケートを発信しました。

 個人投資家の方に質問です。投資をしていて生涯収支は得していますか?損していますか?

という簡単なアンケートです。要は、投資をして儲かっているか儲かっていないかということです。選択肢は①得している、②損している、③とんとん(得も損もしていない)の3つで回答していただきました。

アンケートを発信しようと思ったきっかけ

 ある本を読んでいたところ、個人投資家の9割が株で負けている」ということが書かれていました。ということは、逆に考えると個人投資家の1割しか株で勝てていないということになります。たった1割しか勝てていないの!?という驚きと同時にほんとに1割しか勝ててないのかな?と疑問に思ったのがこのアンケートを発信しようと思ったきっかけでした。幸いTwitterにはアンケートを発信するのに便利な機能があったのと、個人投資家がたくさんいたこともあったので、Twitterで早速アンケートを発信してみることにしました。

 

アンケート結果

 5月9日~10日の約2日間に渡りアンケートに回答いただき、合計127票の回答がありました。アンケートの最終結果はこのようになりました。

f:id:kaburieru:20210512170748j:plain

まとめると、

 ・得している 60% 76票

 ・損している 34% 43票

 ・とんとん  06% 08票

という結果になりました。損しているという回答が9割程度であれば、個人投資家の9割は株で負けているという話は本当だった、という結論で終わることができたのですが、まさかアンケート結果がそれとはまったく違うものになるとは思いませんでした。私自身は得していると損しているが半々ぐらいになると予想していましたが、その予想ともまったく違ったものになりました。この結果から考えられることを考察していきます。

考察

 なぜこのような結果になったのか考察してみます。5つぐらい説を考えてみました。ふざけているものもあるので温かい目で見てください。

Twitter民うそつき説。

 とりあえず得しているに投票しておけ、と実際の収支とは違った回答をしてしまった説。Twitter個人投資家の方たちは負けているという事実を信じることができない、そういった現実を直視できない、Twitterと現実は別物として考えており、得しているという希望が現実になってほしい、そういった願いを込めて得しているに投票してしまった人が多かったのではないでしょうか。というのは冗談です。Twitter個人投資家の方申し訳ありません。本当はそんなことまったく思っていません。ただ、もしうそをついてしまったという方がいらっしゃれば後でこっそり教えてください。

②同じ方が複数アカウントで回答した説。

 実際に得している個人投資家が複数のアカウントで得していると回答した説。今回127票の回答があったわけですが、私のような弱小アカウントでよく127票もの回答をいただけたなと思っています。もしかしたら思うように伸びなかったツイートへの優しさから複数の回答をいただけたのかもしれません。もしそうだとしたら感謝です。ありがとうございます。

③コロナショックで儲けた説。

 これは少し現実味がありますが、株式投資を始めたのが1~3年ぐらいの間であり、コロナショックで株価が下がっているときに株を買ったという方はだいたいプラスになっているのではないかと思います。私自身がまさにこれに当てはまります。まさにビギナーズラック。コロナショックから日経平均やダウ平均は急上昇しました。投資歴が浅くこの波にのることができていれば生涯収支がプラスというのも納得がいきます。

④たまたまアンケートに回答した日の相場がよかった説。

 アンケートに回答していただいた5月9日~10日は日経平均TOPIXが上昇しており、景気敏感株が伸びていました。米国株も上昇しました。それもあり、得しているに回答した方が多かったのではないか?という説です。もしかしたら生涯収支という部分を読まずに回答した方もいらっしゃったかもしれません。アンケートに回答していただいた翌日から日本株は暴落しました。なんと3日間で日経平均が2000円以上も下落しました。米国株も相当下げました。私もこの暴落は予想しておらず、含み損が今まで見たことのないような額になりました。もしかしたらこの暴落をうけて、生涯収支がマイナスになってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

Twitter個人投資家ガチ優秀説。

 実はこれが一番有力なのではないかと思っています。Twitter個人投資家ガチ優秀説。なぜそう思うのかというと、Twitterをやっていることですでにやっていない個人投資家よりも優位性があると思うからです。Twitterをやっているのは個人によってさまざまな理由があると思いますが、おそらくなんらかの情報を発信したい、情報を得たい、学びたいというような理由でTwitterを始める方がほとんどだと思います。Twitterをやっている方は、そのように思ったことをTwitterを通して実践している行動力のある方です。そういった行動力が投資の成績に反映されているのではないかと考えています。Twitterを利用しているとTwitterで話題になっていることが当たり前だと思いがちですが、実際にはTwitterはとても狭い世界で、一般社会では浸透していないことも多いです。Twitterの投資界隈では当たり前とされているつみたてNISAやidecoも私の身の回りでやっている方はほとんどいません。仮想通貨も然りです。情報弱者にならないためにはTwitterなどのSNSを積極的に活用することが必要です。積極的に活用した上で、自分なりの考えや行動を磨いていくことが勝者へ近づけてくれるのではないのでしょうか。

まとめ

この記事をまとめます。

Twitter個人投資家にアンケートを回答していただいた。

・アンケート内容は、投資で得しているか、損しているか。

・結果は得しているが6割、損しているが4割弱。

Twitter個人投資家ガチ優秀。

SNSを積極的に活用するのが吉。

実際に個人投資家の9割は株で負けているかもしれませんが、Twitter個人投資家においてはそうではないということが今回のアンケートでわかりました。個人投資家の9割は株で負けているという話を鵜呑みにして株で負けるのは当然、仕方ないという気持ちで投資をするのと、私と同じようにTwitterをしている方は実際に株で勝てている方のほうが多い、負けるのが当然ではないという気持ちで投資するのではこれからの気持ちの持ちようがまったく違います。得している方が多いという事実に勇気をもらいましたし、さらにいい結果を残したいと思いました。このアンケートにご協力いただき本当にありがとうございました。

余談ですが、ネットで検索してみたら、月間SPA!の記事に個人投資家の9割が株で負けている理由というものがありました。2021年1月の記事ですから、そこそこ最近の記事です。こちらの記事もおもしろいのでぜひ読んでみてください。

nikkan-spa.jp

 

以上、Twitter個人投資家に聞いた驚きのアンケート結果でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

 

2021年5月14日結果 含み損が50万円に縮小

f:id:kaburieru:20210514081933j:plain

 カブリエルです。

   

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210513 終値 前日比 %
ダウ平均 34,021.45 +433.79 +1.29
S&P500 4,112.50 +49.62 +1.22
ナスダック総合 13,124.99 +93.31 +0.72

米国株は下げ止まり、3指数とも上昇に転じた。長期金利が1.6%半ばで推移したことで、景気敏感株に加えハイテク株も買われる展開となった。ただ、一時的な上げの可能性もあり今後も警戒が必要である。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210514 終値 前日比 %
日経平均 28,084.47 +636.46 +2.32
TOPIX 1,883.42 +34.38 +1.86
マザーズ 1,084.71 +19.33 +1.81

久しぶりに3指数すべて反発となった。日経平均は寄り付きから上昇し、上下を繰り返しながら11:00過ぎから後場にかけてさらに上げていった。マザーズはマイナスになる場面もあったが、久しぶりのプラス引け。業種別では、水産・農林、パルプ・紙、鉄鋼、非鉄金属がマイナスで、それ以外はプラスとなった。精密機器、その他製品、陸運、その他金融業が2.5%以上の上昇となった。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引は。JMDC(4483)、日本製鉄(5401)、シチズン時計(7762)、ゴールドウイン(8111)で取り引きをした。実現損益は+27,330円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、+188,930円。ほとんどの銘柄がプラスだった。特に、IHI(7013)の決算の見通しがよかったことから+188(+8.79%)の2328円と大幅に上昇した。復配する方針ということもかなり好感されたと思う。しばらく手放さないことにする。

kabutan.jp

気になる銘柄

  気になる銘柄ではないのだが、今日は5月の第2金曜日。第2金曜日はSQがあるため不安定な値動きになるらしい。SQというのはSpecial Quotationの略で「特別清算指数」と呼ばれる株価指数先物や上場株価指数オプションの清算に使われる値のこと。上場株価指数オプションが毎月第2金曜日に清算されるため、225銘柄の株価が割高になったり割安になるらしい。今日の気配値がおかしかった(KDDIなどがストップ安)のはこういった理由があったからということだ。いまいち理解できていないので、もう少し勉強する必要がある。

www.bank-daiwa.co.jp

反省

  今日は地合いがよかったおかげで含み損が減少した。あまり日本市場を信用できず利益はあまり得られなかったことが反省点。今週は反省点が多い。ちょっとした損切りを嫌がり、知らずに決算跨ぎをしてしまったことによって損失が大きくなってしまったこと、ナンピン買いによって損失が大きくなってしまったこと、暴落に巻き込まれてしまったことなど明らかに原因が自分にあることばかり。ただこういった経験を通して投資家として成長していくはずなので、今週は本当にいい経験になった。土日ゆっくり休んで来週も頑張ろう。また来週。

 

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年5月13日結果 日経平均3日で2000円以上下落 含み損は60万超え

f:id:kaburieru:20210513083830j:plain

 カブリエルです。今日の夜ご飯もチンゲン菜です。

   

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210512 終値 前日比 %
ダウ平均 33,587.66 -681.50 -1.99
S&P500 4,062.88 -89.22 -2.15
ナスダック総合 13,031.68 -357.75 -2.67

 3指数とも大幅に下落した。4月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回る伸びとなり、目先のインフレを織り込む売りが強まったようだ。長期金利も上昇した。ビットコインを使ったテスラ社購入を停止したというイーロンマスクのツイートが原因で仮想通貨も暴落した。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210513 終値 前日比 %
日経平均 27,448.01 -699.50 -2.49
TOPIX 1,849.04 -28.91 -1.54
マザーズ 1,065.38 -30.47 -2.78

今日も3指数続落となった。マザーズは8日続落と光が見えない。日経平均は寄り付きから下げ、そこから上下を繰り返していたが14時過ぎにさらに売られ下げ幅が-700円を超える場面があった。業種別では食料品、パルプ・紙、ゴム製品、銀行、保険、その他金融がプラスでそれ以外はマイナスとなった。精密機器、情報・通信、が3.5%以上下げた。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引はメディカルデータビジョン(3902)、日本製鉄(5401)、キーエンス(6861)、シチズン時計(7762)で取り引きをした。実現損益は+16350円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-152,520円。後場になってプラスだった銘柄がどんどん売られてしまいマイナスがふくらんだ。特に昨日決算だったリスクモンスター(3768)の下げ(-163円)がきつかった。900円を下回ったら買い増す予定。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、ベネフィット・ワン(2412)だが株価は+207(+8.09%)の2765円と上昇した。この企業は福利厚生代行サービス会社で、官公庁や企業への健康サポート事業を行っており、11期連続最高益と伸びに伸びている。株価も長期的に見れば右肩上がりだ。自社で福利厚生事業を運営していくような時代ではないので、こういった代行サービスは今後も伸びていくような気がする。

kabutan.jp

昨日取り上げたセレス(3696)は-555(-12.74%)の3800円と大幅に下落した。おそらく昨日上昇しすぎたのと仮想通貨の下落が影響しているのだと思う。しばらく監視する。

反省

  まだ損切りができず含み損が増えてしまったが意外と冷静である。冷静でいられるのは4月の利益があるからだ。たとえ4月の利益がなくなったとしても収支がマイナスになるわけではないことが大きい。4月に利益があってよかった。含み損銘柄に固執することなく微益ではあるが他の銘柄で利益を出すことができている。しばらくは同じような状況ではあると思うが、いつか必ず好転するはず。前向きに、前向きに。損切りすることもしっかり考えつつ。また明日。

 

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年5月12日結果 含み損は50万円を突破

f:id:kaburieru:20210512084201j:plain

 カブリエルです。昨夜は含み損があってもよく眠れました。

   

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210511 終値 前日比 %
ダウ平均 34,269.16 -473.66 -1.36
S&P500 4,152.10 -36.33 -0.87
ナスダック総合 13,389.43 -12.43 -0.09

主要3指数すべてがマイナスとなった。インフレ懸念でハイテク株の売りが相場全体に及んだとみられる。寄り付き直後はナスダック総合が大きく下げていたが次第に買われ、逆に景気敏感株や消費関連株が売られた。長期金利がゆるやかに上昇しているため、グロース株は今後厳しいかもしれない。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210512 終値 前日比 %
日経平均 28,147.51 -461.08 -1.61
TOPIX 1,877.95 -27.97 -1.47
マザーズ 1,095.85 -21.50 -1.92

寄り付きは上げたが、そこが寄り天となりどんどん下げた。日経平均は一時28,000円を割ってしまう場面があった。場中の13:30ごろ発表されたトヨタの決算がよかったことからなんとか底を脱したような印象をうけた。業種別では、ゴム製品、保険がプラスでそれ以外はマイナス。石油・石炭製品、鉄鋼、海運、卸売、が3%以上の下げとなった。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引東京エレクトロンデバイス(2760)、アサヒホールディングス(5857)、商船三井(9104)、日本郵船(9101)、川崎汽船(9107)で取り引きをした。実現損益は+9600円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-114,200円。今日もほぼすべての銘柄がマイナスだった。なかなかきつい下げだが、狼狽売りはしない。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、セレス(3696)。これは以前も気になる銘柄で取り上げ、何度か取り引きをしているが、4月のトレードで一番損益がマイナスだった銘柄である。昨日決算を発表し、業績が拡大したことで、本日+700(+19.15%)の4355円のストップ高となった。セレスに着目していたのはよかったが、信じることができず損切りしたこと、買いのタイミングが早かったことが反省点。時価総額が500億程度とさらなる成長を見込めるのではないか。下がったら買いたい。

kabutan.jp

反省

  含み損はさらに拡大してしまったが、あまり動揺することがなくなった。よくよく考えれば損切りをすると4月の利益がなくなるだけで今年の利益がマイナスになるわけではない。どこで損切りをするかが問題だが、いつしてもいいように心の準備をしておく。含み損に比べたら微益ではあるが、今日の取り引きで利益をあげることができてよかった。空売りを仕掛けたタイミングはよかったが、もう少し利益をえるための我慢が必要。反省してこれから家の掃除をします。また明日。

 

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年5月11日結果 含み損が40万円を超える

f:id:kaburieru:20210511083714j:plain

 カブリエルです。昨日のショックが大きすぎて寝るのが遅くなってしまいました。

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210510 終値 前日比 %
ダウ平均 34,742.82 -34.94 -0.10
S&P500 4,188.43 -44.17 -1.04
ナスダック総合 13,401.86 -350.38 -2.55

ダウ平均はプラスで始まったが、引けにかけて利益確定の売りが先行した模様。この時期は納税の資金捻出のために売られるという見方もあり、しばらく下げが続くかもしれない。ナスダック総合の下げが大きかった。景気回復や金利上昇を見込み、割高感のあるハイテク株から景気敏感株に資金が移動している。主要な半導体銘柄で構成するフィラデルフィア半導体指数(SOX)というものがあるのだが、こちらは5%安となった。日本株にも影響が少なからずあるだろう。

日本株の様子は?

  日本市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210511 終値 前日比 %
日経平均 28,608.59 -909.75 -3.08
TOPIX 1,905.92 -46.35 -2.37
マザーズ 1,117.35 -40.07 -3.46

日経平均TOPIXマザーズそれぞれ寄り付きから下げ、さらに下げが加速し日経平均は一時1000円近く下げる場面があった。昨日米国株が下げたから日本株も下がるのはわかるのだが、どうしてここまで売られるのかがわからない。やはりセルインメイということなのか?明日以降下げるようならばかなりまずいことになりそう。日本株を買っている外国人の資金が抜けている可能性がある。業種別では海運が唯一の+0.28%で、それ以外はすべてマイナスとなった。ガラス・土石製品、機械、電気機器、精密機器、情報・通信、その他金融が3%を超える下げとなった。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引は日本製鉄(5401)、日本郵船(9101)で取り引きをした。実現損益は+2,750円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、-106,880円。ほぼすべての銘柄が下げる中、日本たばこ産業(2914)だけが+2(+0.09%)の2149.5円だった。

気になる銘柄

  気になる銘柄は、テクノホライゾン(6629)。この企業は情報通信機器や光学機器の開発、販売を行っており、監視カメラ・ドラレコクラウド化に強みがある。昨日決算を発表し、今日は+300(+25.17%)の1492円とストップ高張り付きとなった。時価総額も300億円程度とまだ伸びる余地はありそうだ。

kabutan.jp

反省

  含み損は40万円を超えてしまった。損失を確定しようかとも思ったが、今日じゃないという変な勘が働き確定はしなかった。これが吉とでるか凶とでるかは明日以降にわかること。含み損がさらに増えてしまっても仕方がない。いつかは決済しなければならない。早く含み損から卒業したい。また明日。

 

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。

2021年5月10日結果 下手くそな取り引きで損失拡大

f:id:kaburieru:20210509002037j:plain

 カブリエルです。今週も決算が盛りだくさん。 

米国株の様子は?

  米国市場の主要3指数は下記の表のようになった。

20210507 終値 前日比 %
ダウ平均 34,777.76 +229.23 +0.66
S&P500 4,232.60 +31.04 +0.74
ナスダック総合 13,752.24 +119.40 +0.88

 雇用統計結果が発表され、その結果が予想以上に悪かったが、それによって金利が低下しナスダック総合は大幅に上昇。さらにダウ平均とS&P500が過去最高値を更新と株をやっている人にとってはいいこと尽くめとなった。

日本株の様子は?

 日本は下記の表のようになった。

20210510 終値 前日比 %
日経平均 29,518.34 +160.52 +0.55
TOPIX 1,952.27 +19.22 +0.99
マザーズ 1,157.42 -4.74 -0.41

 日経平均は寄り付きから上昇し、10時過ぎに反転した。日経平均TOPIXは好調だが、マザーズ軟調。業種別では、金属製品、電気・ガス、海運、空運、小売、その他金融がマイナスでそれ以外はプラス。石油・石炭製品、鉄鋼、その他製品が2.5%以上の上昇。

今日の取り引きは?

  現物取引はなし。信用取引東京エレクトロンデバイス(2760)、シチズン時計(7762)、JFEホールディングス(5411)で取り引きをした。実現損益は-25,000円。

持ち株の時価評価額は?

  持ち株の時価評価額は、+59,550円。IHI(7013)とKDDI(9433)、ブロードリーフ(3673)がよく上昇した。リコーリースは(8566)は増配を発表したが、終値で株価を下げてしまった。

kabutan.jp

気になる銘柄

  気になる銘柄は、ショックが大きすぎるのでお休み。詳細は反省へ。

反省

  5月に入ってから資金の流れが変わってきているのをなんとなく感じている。決算がよかったのにもかかわらず売られる銘柄があるというのは変わらず。今日は余計な取り引きをしてしまったことやロットを増やしてしまったことで、損失が拡大した。さらに決算日の確認を怠ってしまったことで、場中の決算によって損失が拡大してしまった。とにかく下手くそな取り引きばかり。多大な含み損を抱えてしまっている。さらに、イヤホンを洗濯してしまったことが発覚。泣きっ面に蜂だ。久々に落ち込みまくっている。明日の様子をみて含み損を確定するかもしれない。もしかしたら1日で過去最大の損失となるかも。いったいどうなってしまうのか?また明日。

 

 

 

当ブログでは、個別の銘柄などについて言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の責任において判断されてください。

この記事がおもしろいと思った方は、Twitterのいいね・RT、はてなブログのスター、ブログ村のバナーをポチッとしていただけると大変うれしいです。